トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2011-3

2011-3-12

[長年]<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]無事です

会社はかなり揺れて、一時近くの広域避難場所に避難し、交通機関が止まっていたため会社に泊り込みましたが、12日朝、無事帰宅しました。

取り急ぎご報告まで。

3/12追記

下記コメントでお湯が出ない、と書いたのは、部屋のガスメータが(非常?)停止していたためだった。東京ガスの復帰ガイドに従って、

  • (前提)ガスメータのランプが点滅している場合は非常停止している
  • まず全てのガスを使う機器を停止、各機器付近の元栓を閉める
  • ガスメータの近辺にあるかもしれない元栓も閉める
  • ガスメータ表面左上のキャップを外し、リセットボタンを長押しする
  • しばらく待ち、ランプが点滅しないことを確認する→ボタンを押しても点滅している場合は元栓の閉め忘れか、ガス漏れが発生している可能性
  • ランプの点滅が消えれば、ガスが復旧する

という手順で無事お湯が出るようになった。

コメントをどうぞ

  • 無事で何よりです. - あべのり (2011年03月12日 13時06分14秒)
  • 同上,無事で何よりです.私は何とかほとんど徒歩で当日中に帰り着きました. - kuroky (2011年03月12日 16時35分45秒)
  • お二人も無事でよかったです。ウチは地域なのか建物なのかわかりませんが、お湯が出ません。 - dareka (2011年03月12日 22時36分21秒)
計算:4×3= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年03月13日 00時40分46秒

日記一覧へ

2011-3-13

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]人になんか教えている場合じゃない組織

今回の地震に関する会社の対応が、あまりにもずさんで、呆れ返ってしまった。

1回目の揺れでそれなりの被害(体感、書類やPC等の転倒、壁にヒビ)があったのに、避難の一斉放送もなく、「避難するらしい」という“噂”で行動するという初動。

避難といっても揺れてるビルの真下(1階駐車場)に数百人が集まるという意味のなさ。そして、集まっても誰が指示するでもなく、“なんとなく”知り合いで固まるだけ。

拡声器もなく、誰が指示を出しているのかもわからないけど、どうやら経理部長が「社員は一旦戻れ」と言っているらしいので、ぞろぞろと9階まで階段で上る。なんで経理部長が指示を出しているのかもわからない。[1]

そして戻った途端に2回目の大きな揺れ。結局すぐまた下に降り、今度は近くにある某大学のグラウンドへ避難、とのこと。その行き先がどこにあるのかも、ほとんどの人は知らない(僕も知らなかったけど)。

移動も、部署で固まるでもなく、バラバラと。着いたグラウンドでも小さな固まりが点在。1時間弱、誰からもなんの指示もなく、いちばんリーダーシップを取るべき社長が、そのへんをウロウロしている。

他に避難してきていた他の企業は、ちゃんと集まって、何らかの指示のもと、自社かどこかに移動していった。ぼーっと突っ立っている我々を見かねてか、大学の方が講堂に入れてくれることに。僕はたまたま大学の方の近くにいたので聞こえたけど、後ろのほうは「なんか移動するらしいよ」とゾロゾロと。

講堂でもバラバラ。ようやく、僕の部署が集まることになるも、誰も大声をあげず、周囲の人だけにボソボソと伝えるだけ。部員を集めるのなら講堂全部に聞こえなきゃ意味ないじゃん。

そのうち、ようやく社長が喋りだす。……かと思ったら、「これをきっかけにより強い会社にしましょう」とか。あんた、一刻も早くステージにでものぼって(誰が責任者が明確にする)、講堂内の全員に聞こえる音量で(情報の共有)、どういう体制で安否を確認(命令系統の確認)し、これからどのような行動を取るか簡潔に(訓示は収束してからでいい)指示しなきゃいけないんじゃないの。

結局、「戻る人は戻る。帰る人は帰る」となるとなったのだけど、それも、誰が帰る、誰が社に戻るかの確認はなく、戻ってから「○○さんは?」と混乱することに。通信網が途絶されたのはわかるけど、だったら紙と鉛筆があるじゃない。名前と行動(帰社、駅周辺待機、徒歩帰宅とか)、緊急連絡先を書かせればいいじゃない。

普段から軽々しく使っているせいで、僕は社内であまりよいイメージを持たれていないのだけど、これはさすがに、この会社「バカじゃないの」と思った。

もしかしたら、「お前が知らないだけで幹部は必死に協議してたんだぞ」と言われるかもしれないけど、知らないで無駄に混乱して、死ぬのは嫌じゃない。協議して決めたことはなんでも、大声で広報するのが非常時の対処だと思う。

まぁ、経験がないからこうなった、というのであれば、これを経験にしっかりした体制ができれば、と思う。その過程で、社員から意見を聞くのであれば、積極的にいま書いたようなことを伝えたいと思う。エラい人を怒らせるのかもしれないけど、自分の立場のために口をつぐんで、同僚やお客さん、自分自身が死ぬようなことになるのは嫌だから。

いちおう、事前にGoogleリアルタイム検索(Twitter検索)で「○○大 避難」といったキーワードで調べて、明らかにあの部のあの人だ、と断定できる(そんなに面識はないけど)人も同じように怒っていたのを確認して、書いてみた。

  • [1]実は防災委員会的な組織の責任者なのかもしれないし、経理部長自身は終日会社に待機して対応してくださっていたので、どちらかというと、もっと他に誰が見ても責任者な人がいるでしょ、という話

コメントをどうぞ

計算:7×8= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年03月13日 03時29分06秒

日記一覧へ

2011-3-15

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]放射線量@川崎

いちばん近くにある公的機関の放射線量測定データを探したら、神奈川県環境放射線モニタリングシステムがあった(アクセス過多で全然繋がらない)。

たまに繋がる際に表示される測定値の画像が以下。

川崎市役所近辺の放射線量(1日)
(神奈川県環境放射線モニタリングシステムより)

川崎市役所近辺の放射線量(1ヶ月)
(神奈川県環境放射線モニタリングシステムより)

普通に雨が降っても、待機中大気中に漂っている放射性物質が付着して落ちてくるので値が上がる(1ヶ月表示での雨量と放射線量の関係を見よ)のだけど、今日はそれらの自然な値のおよそ2倍の、200ナノグレイ[2]くらいが計測されているっぽい。

とはいえ、200ナノ=0.0002ミリなので、1年間に自然に浴びる放射線量と比べても……

なんて書いてたら東海地方まで!

  • [2]神奈川県発表の資料によれば、緊急時は1グレイ=1シーベルトで考えてよいらしい

コメントをどうぞ

計算:7×4= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年03月17日 18時38分58秒

日記一覧へ

2011-3-17

[長年]<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]緊急退避

あいかわらず、(被災地の苦労とは比べるべくもないけど)東京は地震や電力不足で、状況がコロコロ変わる。今日も、「予測不能な大停電の可能性」とのことで、ウチの会社では4時過ぎに、「今すぐ帰れ」という指示が出た。どこ情報なんだ、と思ったけど、帰ってからテレビを見たら「○○では2万人の社員に直ちに帰るように……」と言っていたので、“親玉”経由だったらしい。まぁ、外に出たらすでに大混雑だったので、どこの会社も同じような指示が出たんだろうけど。

しかし、たくさんの会社員がいっせいに帰宅して、それぞれの家で電灯やテレビ、パソコン、電子レンジを使うのって、本当に大規模停電回避のために有効な行動だったのだろうか? とりあえず、僕は今夜、テレビと電灯を消し、ラジオだけで生活してみている(停電回避、と発表されてからPCは起動した)。まぁなんとかなる。

ともあれ、こんな状況では、とてもスケジュール通りに仕事はできない。僕の場合、かなりキツキツなスケジュールで“デビュー”まで練習をこなしていかないといけないのだけど、自分のスキル以上に外的要因で遅延が発生している。どうやって取り返したらよいのかわからないけど、とりあえず、今日から、普段よりちょっとやる気出して働いている。

[TeX]Texmaker 2.3日本語化キットリリース

とはいえ、こんな状況でもアクセスログを見たらTeX WikiのTexmakerの項目からやたら人が来る。どのみちいつか取り組まないといけないので、今日2.3の日本語化キットをリリースした。

いろんな文書の翻訳からどうぞ。

コメントをどうぞ

計算:3×3= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年03月17日 23時48分01秒

日記一覧へ

2011-3-24

<< 前の日記  次の日記 >>

[TeX]公開されてますけど。

TeXフォーラムの話を確認すべく(全然する必要はないけど)、いまサーバ上にある「TeXを使ってみよう」で作られた全てのPDFをダウンロードしてみたら、ちょっとビビった。

修士論文やらシューカツの自己アピール[3]やら名刺やら商談用の要求仕様書とか……。そんなもの“WorldWide”Web上のアクセス制御もないサービスで作っちゃいかんでしょ。

さすがにTeXのサービスなので、数式がやたら入った、僕には理解不能で価値がわからない文書ばかりだけど、見る人が見たら、いくらでも“インスパイヤ”できるよね。

なんか、インターフェースがシンプルだからか、「自分にしか見えない出力」だと思ってしまうんだろうか。注意喚起が必要だ。いちおう、「他人に見られる可能性があります」とは書いてあるのか。まぁ見ないよね。

ただ、これだけファイルがあるのに、みんなマジメな内容で、逆に笑ってしまった。

  • [3]バイトで信頼を得た、ゼミのまとめ役、論理思考ができる……って、なんて典型的なアピールだ、と思った

コメントをどうぞ

  • すげー.みてみたいけど面倒なので保存しておいて今度あうときに見せてください,と思ってみました.それにしてもすげー. - あべのり (2011年03月25日 10時43分55秒)
計算:4×4= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年03月25日 10時43分55秒

日記一覧へ

2011-3-25

[長年]<< 前の日記  次の日記 >>

[コンピュータ]OpenSolaris

仕事で、UNIXやLinuxについて調べて説明する中で、Linuxはともかく、どうしてもUNIXについての経験が不足していることがわかってきた。

今まで、ほとんどUNIXなOSについては触る機会がなかったので、だいたいLinuxと同じなんだろうと思っていたら、結構違うようだ(RHELとSolarisの間で)。Linuxの経験だけでごまかして喋るわけにもいかないので、家のコンピュータ上にVirtualBoxでOpenSolaris 2009.06をインストールしてみた。

OpenSolarisのインストール中

OpenSolarisのデスクトップ


もっと殺風景な、いかにも計算機、という感じなのかと思っていたら、Gnomeで意外とフツー。とりあえずBourneシェルと、Solarisのディレクトリ構造を勉強しなくては。勉強というか、割と楽しんでるけど。

コメントをどうぞ

計算:2×7= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年03月26日 02時34分54秒

日記一覧へ