トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2010-5

2010-5-2

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,コンピュータ]Ubuntuに移行

ウチのデスクトップパソコンをUbuntu Ultimate Edition 2.6(10.04ベース)に移行した。

もともと、サポートが切れてしまったFedora 10だったので、なにかしろOSを更新しなきゃいけなくて、Fedora 13も今月中にはリリースされるのだけど、仕事を始めるとそうそう(半年ごとに)OSを更新するわけにもいかない[1]ので、4月末にリリースされ、サポート期間の長いUbuntu 10.04を導入することにした。

で、はじめは“素の”Ubuntu 10.04 64bit版をインストールしてみたのだけど、どうも使い勝手がよくない。Ubuntuに慣れていないことと64bit版なことで、細かなところで想像と違う結果になることがあった。だったら、いっそのことFedora 13のベータ版でもインストールするか、と思ってWebを見ていたら、Ubuntu Ultimate Edition 2.6リリースの記事があった。今まで見たこともないけど、派手&デスクトップ指向の“spin”なら使い勝手もよくなっているのではないか、と32bit版をインストールしてみた。

インストールして、だいたいのデータを移行し、いつも使うソフトウェア環境を整えてみると、なかなか望み通りの動作をしてくれる。単にいちどUbuntuを使って慣れただけかもしれないけど。これで、数年[2]はサポート切れを心配しなくて済む。

ただ、Fedora系ではuidが500番台なのに対し、Ubuntuでは1000番台なので、バックアップからデータを移行するときにいちいちsudoでコピー、chownしないといけなくて面倒だ。

あと、Ubuntuに限ったことではないのだろうけど、Firefox 3.6でTab Mix Plusをインストールすると、複数タブ設定した“ホームページ”が、なぜか最初の2つしか表示されないという現象が発生している。

  • [1]別に家で仕事は(基本)しないだろうけど、更新に割く時間がもったいないという意味で。
  • [2]サポート期限か飽きるまでのどちらか早いほう。

日記一覧へ

2010-5-3

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,コンピュータ]さっそくバグ

aptでアップデートしようとしても接続できないようなバグがあるらしい。スレッドで“This is a bug”って言っているのでバグなんだろう。

しかし、バグ修正を配布するためのaptに接続できない、というバグはどうやって修正するのだろう。


日記一覧へ

2010-5-4

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]放送大学「身近な統計」

この時間(午後8時)、あまりにも興味がある番組がないので、それらより多少は興味のある放送大学の「身近な統計」(2007年開講、第1回)を見ていた。

第1回なので「統計とは何か」という用語的な説明が多いのだけど、途中でいきなり(身近な例ということで)データスタジアム社の人が出てきて、野球の統計データについて話しだした。XR指標という値に基づき、2006年のセリーグ各チームの打順別貢献度といったデータを解説していた。

XR指標による2006年の阪神の打順別貢献度

「このように、5番打者の貢献度が非常に低く、優勝できなかった原因だと考えられます」なんて言われていた。4年も経って放送大学で批判される今岡……(今岡が不振だったので、実際にはいろんな人が5番に据えられたのだけど)。

さらに、サッカーについてもデータスタジアム社の人が解説していた。2006年ワールドカップでのイタリアの守備(カテナチオ)について解説していて、

2006年ワールドカップでのイタリアの被シュート軌跡

実はシュートを打たれた数(被シュート数)やシュートにいたる相手の攻撃は他に挙がったフランスよりも多くて、攻め込まれていないわけではなかった、という話をしていた。で、じゃあなぜ失点が少なかったのか、ということについて

2006年ワールドカップでの被シュート前3プレーにおけるセットプレーの割合

上図のように(サッカーに詳しくないのでよくわからないけど)セットプレー起点のシュートが他国よりも少なかった、ということが挙げられていた。セットプレーからすぐシュートを打たせるのではなくて、パスを回させることで守備を固めることができた、ということだろうか。

……毎回こんな授業だったら、必ず見るんだけど。それにしても、データスタジアムってYahoo!とかにデータを提供しているだけかと思いきや、意外とゴリゴリ分析する会社なんだなぁ。


日記一覧へ

2010-5-5

<< 前の日記  次の日記 >>

[TeX]【要注意】dvips(k)は今後dvipsのみに

という大胆な決定がさっきアナウンスされた。

実物を使ってないのでよくわからないけど、これまで、日本語文書では

dvipsk

で、英語の場合は

dvips

(オリジナル)と使い分けていたのが、今後は何も考えずdvips一択になったということだろうか。

……これもしかし、“解説サイト”界隈に混乱を引き起こしそうだなぁ。「書いてあるとおりにプロンプトでdvipskと打ったのに『コマンドがありません』と言われます」とか続出しそう。TeX Wikiの各記事以外に、それなりにアップデートしている解説サイトってあるんだろうか。ウチは少なくとも、ここ3、4年はほぼ更新していない。改版したい意思はある(何度も日記でそういうことを言っている)けど、踏み出すエネルギーがもはやないんだよなぁ。


日記一覧へ

2010-5-11

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]生きてますが……

だんだん疲れてきた。というか、50人近くがこれまで1ヶ月以上同じ部屋にいて、しかも新人研修だから体調が悪くても休めない、ということでなんか“病気”が蔓延しているような感じ。僕も、今日はずいぶんと体調が悪くなり、ぜんぜん研修に集中できる状態ではなかった。精神的にエネルギーを多く消費するプレゼンがなかったのはせめてもの救いか。

ということで、今日は早めにやることを済ませ(一部先延ばしして)、もうすぐ(23:00)寝ることにする。

とりあえず、ネタにしようかと思って撮っていた写真をいくつか。

先日給料で掃除機(もちろん安いもの)を買ったのだけど、売り場を見ていたらこんなシールが貼ってあった。あれはやはり広告として有効に機能しているのか。

餃子そば……。休日に京急蒲田のほうをうろうろしていたら、箱根そば蒲田店があって、「蒲田名物餃子そば」と書いてあった。蒲田は餃子激戦区らしい(僕も1箇所羽根つき餃子の店に行ってみたけど)が、だからといってそばに乗せなくても……。蒲田名物なのは餃子であって、餃子そばではない(係り受け)。餃子そばについては簡単にWeb検索してもほとんど触れられていない。そのメニューを見たのと、引っ越してから箱根そばを食べていなかったので、つい入って頼んでしまった。餃子は揚げ餃子で、4つも乗っている。餃子のほうは外は歯ごたえ良く、中は味がしっかりしておいしかったのだけど、肝心のそばがビミョー。というか、餃子の味が強すぎて、麺もつゆも味がわからない。

そんな感じで、ぼちぼちやってます。本当はTeXユーザの集いの議論とか、もうちょっとコミットせにゃならんと思ってはいますが。ちなみに、このWikiのコメント欄は、スパム防止機能がレンタルサーバの仕様とうまく合わないので、いろいろ考えるヒマができるまで閉じておきます。別にコミュニケーションを絶っているわけではないので、ご用があればなんらかの(メールとか)手段でよろしくどうぞ。


日記一覧へ

2010-5-14

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]工場見学

今日は、研修の一環で静岡のほうへ工場見学。僕自身はこれから仕事で“モノ”を作ることはあまりないんだろうけど、併設されている資料館と合わせて、歴史やら考えかたを学ぶ、という目的。

朝9時に集合場所の駅に着くために、7時頃に家を出て、7時半に品川から新幹線。実際にかかる時間は50分ほどなのだけど、集合場所の駅に停車する新幹線が少なく、しょうがないので8時20分に着くことに。しばらく、パンを買って食べるなど時間を潰し、送迎バスで工場へ。

駿河湾を見下ろす景色の良い工場だった。周囲に何もないけど。

工場に着いて即見学、というわけではなく、ひとしきり会社の歴史について講義を受ける。そして、社外には非公開の広大な資料室。古いコンピュータや通信機器などたくさんの実機が展示されていた。僕の個人的な趣味として博物館巡りが好きなので、本当はここだけでも1時間2時間見て回りたいのだけど、引率者がとんでもないペースでどんどん移動するので、ほとんど楽しめず。これをじっくりと目に焼き付けてこそ、“モノ作りの魂”を受け継げるってもんでしょうに。

そのあとは、昼食。弁当が支給されたのだけど、残った昼休み時間に食堂の売店に行き、グループ名物の「ようかん」を買う。中身は別になんてことはない普通のようかんなんだけど。

昼食後、再び見学。もう1箇所、また違った資料室へ。ここには、「現存して動作する日本最古のコンピュータ」がある。実際に動かして見せてくれるのだけど、パンチカードのプログラムを投入すると、巨大なロッカーの中の回路群が「ガチャガチャガチャ」とものすごい音を立てて動作し、コントロールパネルの電球が点滅する。これはカッコよすぎる! まさに(現在となっては)特撮映画の世界。たまらない。これには、さほど「ミュージアム」に興味なさそうな他の同期の人たちも興奮。やはり、実物に勝る説明力(訴求力)はない。

その後、ちょっとしたまとめをやって、今日の研修は終了。またバスで駅まで行き、新幹線。正直、帰りが遅くなってもいいから、30分だけでも資料室を自由行動させて欲しかった。とはいえ、いくらグループ社員といえど、なかなか見に来れる機会はない[3]と思うので、なかなか楽しい経験だった。

[競馬]川崎競馬で個人協賛競走実施へ

川崎競馬ニュースリリースより。南関東だけに1レース5万円と若干値は張るが、僕からすると個人協賛をおこなっている他の競馬場がどこも遠いだけに、いちばん身近な川崎で(その気になれば)できる、というのは大きいかもしれない。

  • [3]来年の新人研修を担当すればいいのか?(^^;)

日記一覧へ

2010-5-18

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,コンピュータ]Ubuntu生活レポート

ゴールデンウィーク中ほどからデスクトップをUbuntu Ultimate Editionに移行して、2週間ほど使っている。

もうコンピュータで研究することもないので、あまりGUIアプリケーション以外を使い込んではいないのだけど、すこぶる快適だ。以前はOctaveやらgnuplotやらをよく使っていた(Octaveはベンチマークだけだけど)けど、最近はFirefox, ThunderbirdにせいぜいEmacsとTeXくらい。TeX(ptexlive)のインストールは、いちど何も調べずに試したらハマってしまったけど、Wikiの動作報告を参考にシェルを明示的に指定してやると、問題なくインストールできた。会社で書く書類は当然Word, Excel, PowerPointなのだけど、印刷物とか自分用のメモ(スライド風箇条書き)は、やっぱりTeXのほうがちょっとは馴染んでいるぶん、早く書ける。Wordで「表を挿入」するより、

\begin{tabular}{l|l|l}
...

ってほうがよっぽど思ったままのものが作れる気がする。

あとは、最近Remember The Milk + Tasqueを使い始めてみた。もっとも、まだしばらくは定時に会社に来ておべんきょーして、定時に帰るというだけなので、管理するほどタスクもないけど。

実際、洗剤を買うとかくらいしか直近のタスクがない。

VirtualBoxも10.04対応のレポジトリができているので、aptでさくっとインストールできる。Ubuntuのレポジトリから入手できるオープンソース版もあって、そちらを最初にインストールしたのだけど、USB機器が使えなかった。

マルチメディア関係は、Ultimate Editionでは最初から大半のものが(ソフトに関しては多すぎな気も)入っていて、ネット上や手元にファイルである音楽、動画の再生にはなんの支障もない。最近斉藤和義 ずっと好きだったを買って、mp3でパソコンに取り込んだのだけど、これも何もコマンドを打つ必要もなくマウスで簡単に。


最近の僕のコンピュータ環境はそんな感じ。……早くも脳が劣化してまとまった文章が書けなくなっているなぁ。前書けてたわけじゃないけど。


日記一覧へ

2010-5-19

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,TeX]\emph{平日に終電はよくない}

この日は、普通に仕事を終えて、そこからもうひと仕事、東京駅周辺で某打ち合わせ。といっても、居酒屋で飲みながらなのだけど。

いろいろ話し合ったり酔いつぶれたりしつつ、なんとまぁ終電の時刻。さすがに平日に終電帰りだと、翌日が辛い。翌日の出勤時刻は、定時8時50分の2分前。

そして、この日決まりきらなかった部分については、土曜にもういちど話し合うことに。


日記一覧へ

2010-5-20

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]不合格

先月半ばに受けた情報処理試験(基本情報)の結果が今日公開(照会ページがオープン)された。

……まぁ、何も(とは言わないけど)勉強せずに受けたらこうなるわなぁ。というか、こんなに得点できていたのに逆に驚いた。特に午後。

落ちたとはいえ、会社的に取らないといけない感じなので、秋にもういちどトライしなければならない。


日記一覧へ

2010-5-22

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,TeX]あと5ヶ月

今日は東大で秋の某イベントのための打ち合わせ。……トップに書いているんだから隠す必要もないんだけど。なんかけっこう進んだ感じ。黒板って大事(?)。

その後は、渋谷で打ち上げ。なんか今週後半は飲んでばかりだ。水曜も打ち合わせで終電、金曜は親睦会、そして今日。まぁもともとあまり飲めないのは知っているので、酒量は3日ぶんでも飲む人の1回ぶんにも満たないんだけど。

全体のスケジュール・行動予定に加え、自分としてもやらないといけないことが明らかになってきた。とりあえず、TeXworksのマニュアルが変なところにあったので、訳にとりかかるか。


日記一覧へ

2010-5-25

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,コンピュータ]Javaがわからんのではなく……

UMLがわからんのだ。なんで絵にする必要があるのかさっぱりわからない。

raceオブジェクトを生成する
	race.createHorseメソッドを実行する
	race.createHorseメソッドは引数name(ディープインパクト)、age(4)に応じたHorseクラスのオブジェクト(deepimpact)を生成する
	さらに生成されたdeepimpactオブジェクトについてsetJockey(引数jockey: 武豊)メソッドを実行する
...

ってふうに文章で書いたほうがどんなにわかりやすいことか。が、どうやら世の中、そして同じように研修を受けている他の人には絵にするとわかりやすいらしい。

他の人とGUI操作とか“絵”に関する話題になるといつも思うのだけど、やはり僕は致命的にイメージ情報の処理が苦手らしい。“見える化”とかほんとやめてー、と思う。

いつまで経っても設計“図”の理解ができないために、プログラムを作ることができない(テストをクリアしないと実装に移れない)。


日記一覧へ