トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

日記/2011-7-23

キーワード

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,TeX]掃除、洗濯、散髪、TeX Live、Scientific Linux……

昨日、2つ目の講習会をなんとか[1]終えて、やっぱり疲れたのか、早くに寝てしまい、昼前に起きる。

そこから、掃除して、洗濯して、髪を切りに出かけて、そして先日リリースされたばかりのTeX Live 2011をインストールした。もともと、2011 pretest版を使っていたので、インストール自体は大した作業ではないのだけど、今回は久しぶりにインストールガイドを書こうかな、とスクリーンショットを撮りつつ。pretestでコンパイルできていた講義用のメモがコンパイルできたので、ちゃんとインストールできているんだろう。

で、予想外に時間がかかったけど、TeX Live 2011のインストール on Ubuntu 10.04を書いたので、ご参考に。

さらに、インストールガイドを書きながら、ノートPCにScientific Linux 6をインストールしていた。


もともと、Fedora 10あたりを使っていた頃から、「これをベースにしたCentOS 6が出たらデスクトップにするんだ……」と思っていたので、既定路線ではあるのだけど、だいぶ待つことになった。

で、結論を書くと、グラフィックドライバが対応してないために、Xウィンドウが起動しなかった。正確には、vesaドライバで起動はするんだけど、1024x768でしか使えず(ノートのディスプレイは1280x800)、Intelグラフィックスドライバをコンパイルしてインストールしてみたけども、状況は変わらなかった。[2]

ノートPCはHP Compaq 2230sなのだけど、GM45 Expressチップセット用のドライバがないらしい。もしかしたら、CentOSのほうでは(レポジトリにある)i810ドライバで表示できるのかもしれない。でも先行きがビミョーという。うーん。

まぁしかし、“趣味で”Linuxと周辺ソフトウェアをいじって、文章を書くのはやっぱり楽しい。

[]予習

髪を切りに出たついでに、

の3冊を買う。最後のは、書棚をフラっと見ていたら、なんとなく面白そうだったので。

KVMは、予習。正直なところ、9月までのスケジュールに入っている講習会は、昔からさんざんやってきたことなので、技術的な準備期間なんかいらない(今日もLinuxインストールしたし)のだけど、KVMはさすがに、会社でおべんきょーするだけでは、人に何か話すレベルにはならない。

ちょっと早めに取りかからないと、“自分が受講者だったら”聞く価値があると思う講習会はできそうにない。とはいえ、本屋でめくった感触でも、この本1冊では大して深いところには行けなくて、やっぱり英語の文書を読まないといけなそうだけど。

  • [1]若干後半が早くなって、無理やり間に合わせた感がある。
  • [2]ちゃんとインストールできたのか、微妙だけど。

コメントをどうぞ

計算:4×6= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年07月24日 05時19分44秒

日記一覧へ