トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

日記/2011-9-29

キーワード

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,コンピュータ]やることタントアール

またぞろ、Rで別の分析をおこなう必要が出てきた。

項目反応理論のほうは、継続して関わっているけども、やるべき分析をスクリプトに起こしたので、作業量はかなり減った。ところが今度は、ある講習会を受けた人が次に何を受けて、その先どういうふうに受講していけばいいか、というロードマップ(パス)をすでにあるデータから計算する、というような分析。

そもそも何分析になるんだろうか。パッと思い浮かんだのは、受講履歴を単語の並びと見立てて、共起頻度を計算する、テキストマイニング的なアプローチ。あるコースに続くコース、さらに続くコースの組み合わせごとに確率が出るはずなので、目的には適っていそうだけど。そのへんの分野で共起ネットワークあたりも関連するかもしれない。

あとは、もしかしたらOR分野(?)の経路選択モデルあたりなのかもしれない。でも、そもそも道路と違って目的地が定まってないからなぁ。どこを経由してどこに達するのかを分析するなら、やっぱりネットワークとかマップといった分野なのだろうか。

……なんで会社に入ってから、学生時代よりよっぽど統計データ解析をやっているんだろう。

コメントをどうぞ

計算:9×8= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年09月29日 23時12分47秒

日記一覧へ