トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Rと競馬データで学ぶ統計学 補足 中央競馬(JRA)と地方競馬(NAR)

キーワード

中央競馬(JRA)

当座のテーマである「Rで有馬記念を当てる」で予測の対象となる、「有馬記念」は中央競馬(JRA)のレースです。中央競馬とは、農林水産省が管轄する日本中央競馬会(JRA)が主催し、基本的に土・日に行われる競馬です。東京(府中)競馬場や中山競馬場など、全国に10の競馬場があります。



それぞれ、東京競馬場スタンド、東京競馬場でのレース、JRAホームページ

地方競馬(NAR)

一方、日本においてはもう一つ、競馬の施行形態があります。地方競馬です。地方競馬は、地方公共団体(都道府県、市、区など)が主催し、開催されます。それぞれの主催団体が競馬場を所有し、基本的には独立して運営されます。[1]例えば、東京には大井競馬場があり、東京都特別区が主催する競馬が行われます。全国には、15の地方競馬場があり、基本的に365日、日本のどこかで競馬が開催されています。また、全国の地方競馬を統括する団体として、地方競馬全国協会(NAR)があります。[2]


それぞれ、高知競馬場のパドック、盛岡競馬場でのレース、NARホームページ

中央競馬と地方競馬は、密接に関係し、相互に交流があるものの、様々な面で大きな違いがあります。例えば、競馬場の大きさやレースレベル、売上金額などは、基本的に中央競馬>地方競馬の図式が成り立ちます。広い競馬場でハイレベルなレースが行われ、1レース数十億円(馬券売上)の大きな金額が動く中央競馬に比べ、地方競馬はコンパクトな競馬場で(あえて言えば)中央で通用しなかった馬が走り、1レースの売り上げが1000万円に満たないこともあります。しかし、それぞれに「居心地の良さ」や「相性」そして「うまいメシ」があり、どちらがよいと一概には言えません。ぜひ、ご自分の「ホーム競馬場」を見つけてください。


  • [1]実際には、近隣の地方競馬場どうし(例えば、大井、川崎、船橋、浦和の南関東4場など)でブロックを作り、開催の持ち回りや競走馬、騎手の交流が行われています。
  • [2]筆者は就職活動で応募しました。